IR情報

ZEHへの取り組み

我が国では「エネルギー基本企画」(2014年4月閣議決定)において
「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で年間供給・販売戸数比率を50%以上にする事が目標となりました。
そこでこれまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、
自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに
注目が集まっています。
国としても省エネに取り組む今、レナホームはZEHへ積極的に取り組み地球環境へも積極的に取り組みます。

一次エネルギー消費量とは?
家庭で使用するエネルギー(冷蔵庫、給湯、換気、照明)を発電所での化石燃料の熱量に換算したものです。
ZEHでは、その他の生活家電(電子レンジ、テレビ、冷蔵庫等)は含まれません。

ZEH建築目標

具体的なZEH普及策

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページにてZEHビルダー登録業者であることの公表、また弊社のZEHに関する
取り組みなどを掲載し、お客様に対しZEHの周知を行う。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

ZEHモデル構築にあたり、間取りや建物仕様での工夫を重ね、コストダウンを図る。
仕入れコストについて、関係業者へのコスト削減の折衝を行う。

その他の取り組みなど

ZEH関連セミナー等へ積極的に参加し、
社内での研修等を重ね、社員の知識向上を行う。

お問い合わせ